私が求めていたライスキャリアオイル

私が求めていたライスキャリアオイル

前回の日本産アロマのブログでは私の中のベスト3の日本産アロマを紹介しましたが、今日はライスキャリアオイルについて熱く語ろうと思います?

アロマトリートメントをする上で絶対に必要なのはキャリアオイル。
精油は原液で肌には塗布できないため、ベースとなる、キャリアオイルは必須です。
これまで、ホホバオイルや、スイートアーモンドオイル、グレープシードオイル、などなど様々なオイルを使用してきました。
成分やテクスチャーも色々なので、手技に合わせたり、肌質にあわせてなど使い分けもしてきました。

ちなみに私が1番使いやすいキャリアオイルはスイートアーモンドオイル。
お値段的にも、テクスチャーもよき。
1番長くサロンで使ってたからかな❓

大手スクールに転職したとき、スクールではホホバオイルがメインで使いはじめは…
「おもっ…」
でした。重くて使いづらかったんですね。
すぐ慣れましたが、、、

yuica認定インタープリターの講義の中で、日本のアロマを学ぶのはもちろん、忘れてはいけないのが日本のキャリアオイル、
ライスキャリアオイルの存在です。

私はサロン勤め、大手のスクールに勤めていた頃から自分のサロンをもつ事は夢で、
自分がサロンを開くとしたら何のキャリアオイルを使おうかなぁと考えたり、妄想にふける時もありました。
私のサロンのイメージがさらに膨らみ、明確になったのはやはりyuica認定インタープリターの勉強をはじめてからです。
日本産でかつオーガニックものがやっぱりいいなぁと思ったので、yuicaのライスキャリアはそれを叶えるキャリアオイルでした。

日本人は米を食べる

食べない人もいるかもしれませんが、
でも昔から日本は米文化で、先祖の方々は食べてきたに違いない❗️
私たち日本人の体に合わないはずがない❗️
と自分では思っております。

昔から米ぬかの化粧品だってある。
離乳食の始まりは10倍がゆだし笑

とにかく日本産アロマにも合うし、日本人にもバッチリ合うであろうキャンセルはライスキャリアオイルなのです!
私のエステでの美容のお仕事経験上、日本人はさっぱり系の化粧品を好む。
どうしてもオイルトリートメント後や、スキンケアでオイルを使用した後のベタつきが気になりますよね❓
よくお客様にもこのまま服を着ていいのかしら?拭き取ったり、シャワーを浴びていいの❓
と言われました。

ライスキャリアオイルの成分は
「オレイン酸」が豊富で、肌への吸収が素晴らしいのです。スイートアーモンドなどに多い成分で、施術後もいつもいつのまにかベタつきはなくなっています。私がスイートアーモンドオイルが好きな理由はここにもあるのかもしれませんね。
あとはライスキャリアの特徴である成分
「γ-オリザノール」の存在。
近年注目の成分らしく、肌の再生やメラニン色素の生成を防ぐため、美白効果も期待できるのではと言われています。

なんという素晴らしいオイルなんでしょー 
長くなってしまいましたが、日本産アロマとの組み合わせでぜひご体感してみてほしいです❗️

沼田

色は優しいコメの穂のようです